11/6《噺小屋in池袋》霜月の独り看板 第一夜  蜃気楼龍玉「女殺油地獄」@東京芸術劇場シアターウエスト

遅ればせながら…11/6に開催されました
《噺小屋in池袋》霜月の独り看板 第一夜
蜃気楼龍玉「女殺油地獄」@東京芸術劇場シアターウエストに
ご来場頂き、ありがとうございました。
国立演芸場での初演から、半年近く経っての再演です。11/6龍玉プログラム
初演に続いてお運びくださったお客様も多く、ありがたいことでした。
再演にあたって、マクラと前半の花見部分を一部改稿してお届けしました。
今回、龍玉師は前回よりぐっと深く登場人物を描かれていましたね。
お吉も初演より若く、色っぽくなったような。笑
ことに後半は、高座と客席の息をつめたような集中力で
長さを感じさせず一気に引き込まれました。
龍玉師には来年夏「独り看板」にまたご登場いただきます。
そちらもどうぞお楽しみに…。

その蜃気楼龍玉師に再演して頂いた「女殺油地獄」ですが、
実は来年、桂南光師が大阪で同作に挑戦してくださる企画が進行中。
脚色の本田久作さんはただいま
近松原作⇒江戸版⇒上方版へと、絶賛再脚色奮闘中です。
こちらの南光師のインタビューに
その辺のことが少し触れられております。
南光師と本田さんの接点も面白いんですよ。
縁は異なものです。
http://kansai.pia.co.jp/interview/stage/2017-10/3koyuen-nankou.html