古典芸能チケット

8件の商品がございます。
  • 残りわずか

芸の真髄シリーズ 第十一回 箏曲

価格(税込): 8,000~10,000
◎当日券:16:30~S席、1等A席を販売します
◎終演予定:20:20(途中30分の休憩あり)
◆8/23(水)17:30 国立劇場大劇場

第十一回は箏曲の人間国宝、米川文子、山勢松韻、富山清琴の三人が一堂に会し、また生田流と山田流の精鋭たちが勢揃いします。特別ゲストとして、歌舞伎役者であり、上方舞・楳茂都流家元・片岡愛之助が地唄舞で華を添えます。
芸の真髄 席種:
数量:
販売期間終了:2017/08/23 17:30まで

第71回 扇辰・喬太郎の会

価格(税込): 3,600
◆9/17(日)18:30 国立演芸場
ネタおろし:「緑林門松竹」より 扇辰/「二十四孝」喬太郎

※営利目的の転売をされたチケットは無効と致します。

毎回即完売となる柳家喬太郎、入船亭扇辰の同期2人の勉強会。
貴重な初聴きと緊張感を楽しめる落語会。
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。
販売期間終了:2017/09/16 17:30まで
  • オススメ

《噺小屋》一天四海(イッテンシカイ) ー龍志・扇遊・鯉昇・正蔵の会ー 星月夜の刻

価格(税込): 3,600
◆9/26(火)18:30 国立演芸場

予定番組: 「天狗裁き」扇遊/「崇徳院」龍志/「まめだ」正蔵/「質屋庫」鯉昇 (出演順)
「落語睦会」を受け継いで新しく始まった4人の会、第3回。
国立演芸場(ブロック選択):
数量:
販売期間終了:2017/09/25 17:30まで
  • 残りわずか

野村万作萬斎 狂言の現在2017 第20回記念公演

価格(税込): 6,200
◆9/28 (木)13:00 横浜・関内ホール

人間国宝・野村万作と人気狂言師・野村萬斎親子による「狂言の現在」シリーズ。
1998年の関内ホール初登場から20回の節目を迎える今回は、
豪華番組による記念公演をお届けします。
席の種類:
関内ホール列ブロック指定:
数量:
販売期間終了:2017/09/27 17:30まで
  • オススメ

《噺小屋》 神無月の独り看板 入船亭扇遊 「たちきり」

価格(税込): 3,600
◆10/30(月)19:00 国立演芸場 全席指定3,600円
予定演目:「たちきり」ほか

2月に続いての独り看板、年内再登場。
高座での折り目正しき清潔感に加え、
持ち前の華やかさと、円熟期に入りますます磨きがかかる芸。
明るく可愛らしい女性の描き方も抜群ですが、
今回は切ない「たちきり」を芸の色気で魅せてくれることでしょう。
国立演芸場(ブロック選択):
数量:
販売期間終了:2017/10/29 17:30まで
  • オススメ

《噺小屋in池袋》霜月の独り看板 第一夜 蜃気楼龍玉「女殺油地獄」

価格(税込): 3,600
◆11/6(月)19:00 東京芸術劇場シアターウエスト

今年5月の「皐月の独り看板」(国立演芸場)でネタおろしをした
「女殺油地獄」落語化はお陰さまで好評を博し、
再演のご希望を多数頂きました。
そこで急遽この秋、《噺小屋in池袋》にて再演が決定!
今回は東京芸術劇場からお届けします。
券種:
シアターウエスト(ブロック選択):
数量:
販売期間終了:2017/11/05 17:30まで
  • オススメ

《噺小屋in池袋》霜月の独り看板 第二夜 橘家文蔵 酒三態 酒サケさけ

価格(税込): 3,600
◆11/7(火)19:00 東京芸術劇場シアターウエスト
演目:「寄合酒」「猫の災難」「子別れ(下)」

昨年秋に三代目を襲名した文蔵が《噺小屋》独り看板に初登場。
酒にまつわる噺3題で、仲間と呑むまでの楽しみ「寄合酒」、
酒に呑まれてしまう「猫の災難」、
そして酒と女で失った家族を取り戻すまでの「子別れ」をお届けします。
券種:
シアターウエスト(ブロック選択):
数量:
販売期間終了:2017/11/06 17:30まで
  • オススメ

《噺小屋in池袋》霜月の独り看板 第三夜 CD発売記念   立川龍志「子別れ」通し

価格(税込): 3,600
◆11/20(月)19:00 東京芸術劇場シアターウエスト
演目:「子別れ」通し

《噺小屋》独り看板についに登場!
向島生まれ&向島育ちの江戸っ子の爽快なキレのある口跡、
軽妙ながら、噺の中へとすうっと誘う手練れの高座。
夏に発売されるCD「私家版 立川龍志」発売記念も兼ねての独演会です。
券種:
シアターウエスト(ブロック選択):
数量:
販売期間終了:2017/11/19 17:30まで